犬の飼い方ガイド・ワンダフルライフ!

犬の飼い方ガイド・はじめて犬を飼う人も、飼っている人も、犬のすべてが理解できる

ニュース

外で飼う方法

室内で飼うことが基本

昔は犬は番犬として庭や玄関先で飼うことが普通でした。 しかし最近では家族の一員として家の中で飼うことが普通になってきました。 しつけ、他人への迷惑、厳しい暑さ寒さ等を考えると犬は室内で飼うことが望ましいです。 どうしても室内飼育が無理ならば、 他人に吠えたり飛びついたりしないようにすること 犬が自由に動けるスペースを用意すること、 大切な家族だと家族全員が自覚し犬と接する時間とたくさん作ってあげること等を守ってください。

bell

 

落ち付ける場所

人や車のいききが多いところの近くでは犬は落ち着くことはできません。 フェンスなどで区切り外部の刺激から犬を守り、安心して休むことのできる犬小屋を用意しましょう。 室内の人からいつでも見える場所に犬小屋を設置し、声をかけたり身体をなでてあげたりして犬と飼い主の結びつきを強くしていってください。

大型犬用 デッキ付き 1坪用 床付き
 
     

★他にもたくさん犬小屋あります★

冬は日当たりの良い場所に置いて(小屋の中に毛布を置いて暖かく)、夏は必ず日陰を作ってください。 じめじめするのも犬の健康に悪い影響を与えます。 すだれなどを利用して雨が吹き込まないように工夫しましょう。 犬小屋を地面から少し高くしたり、小屋の中にすのこを敷いたり等、湿気から犬を守ってあげましょう。


犬のお部屋

犬にとって一番安心できる場所【お部屋】を作ってあげましょう

家の中に犬がいる暮らし、想像するだけでもワクワクしてきますね。 飼い始めた時にリビングルームなど家族が集まる場所に、 ベッド、食事場所、トイレなどをおいた犬のお部屋をつくりましょう。 犬にとって安心できる場所(犬のお部屋)が必要です。
はじめから家の中のあちこちへ自由に行けるようにすると、 犬はすべてが自分の場所だと思い トイレなどのしつけがうまくいかなくなることがあります。
家の中で自由にさせるのは犬が自分の部屋をきちんと理解してからにしましょう。

minnie20080918-2

 

犬と出会うにはどんな方法があるの?


リーダー(純血種の犬(血統書)を専門に繁殖している人)

c54712l
それぞれの犬種の特徴を大切にしながら繁
殖しているので飼いたい犬種が決まっているのならブリーダーから購入するのがおすすめです。
ブリーダーの中には不潔な環境で犬を飼い、不適切な接し方をしているところもあるので気をつけてください。
犬舎(犬のいるところ)や母親犬の様子ははぜひ見せてもらいましょう。
ブリーダーは雑誌やインターネットで探すことができます。

ペットショップ(犬と出会える一番おなじみの場所)
いろいろな種類の犬が売られていて見比べることができ、飼育グッズやドッグフード等の準備も一緒にできるので便利です。
ペットショップを選ぶ時は清潔で店員さんが犬について詳しいこと、あまりにも小さな子犬を売っていないことなどをチェックしましょう。
子犬は産まれて8週くらいは母犬と一緒に過ごすべきなのでその点についてよく確認してください。

そのほかの方法

%20552s-1

お友達の家で産まれた犬をゆずってもらったり、地域の里親募集コーナーで探したりする方法があります。
保健所や動物愛護団体からゆずり受けることができます。
この場合はすでに成犬になっているので、しつけができていない、今まで劣悪な環境で飼われていたために怖がりになっているなどの問題行動がある犬がいることがあります。このような犬を飼う場合はよほどの覚悟が必要です。家族全員で本当に飼うことができるかよく相談してから決めてください。
こうした不幸な経験をした犬を飼うことを決めたら今度はあなたが必ず幸せにしてあげてください。

犬はみんなの人気者  動物の中で人間と一番仲良くなれるのは犬です!

IMG_7890-1

●かわいくてかっこいい
じっとみつめるクリクリした目。
引き締まった体で走り回る姿はかっこよくたくましく頼りになる存在です。

●頭が良い
頭が良いので警察犬や盲導犬などいろいろな場面で人間の手助けをしてくれます。

●たくさんの種類
体重が1kgほどのチワワから90kgもあるセントバーナードまでいろいろな種類があります。

 

犬の人間よりすぐれた能力 かわいいだけではありません、人間よりすごいところがたくさんあるのです。

●においに敏感 犬は人間よりも数百万倍もにおいをかぐ能力があります。 警察犬や災害救助犬はにおいにとても敏感だからこそできる仕事です。

●広い視界犬の視力はそれほどなく人間でいう近視です。モノクロで見えているといわれています。視界は広く斜め後ろ(250~290)のほうまで見ることができます。狩猟犬として活躍。

●よく聞こえる耳 犬は人間の3千~5千倍も音を聞く能力を持っています。人間には聞こえないとても高い音(超音波)も犬には聞こえます。

●すぐれた運動能力 感覚、運動神経、強い筋力、人の命令に従って動く瞬発力がすぐれています。